品川近視クリニックリーディングアイ 体験談

リーディングアイ体験談

リーディングアイ体験談

60歳 女性体験談

 

加齢による視力の衰え

40代後半になってから視力がとても悪くなり、生活にも支障をきたす事がよくありました。子供の頃から視力はとてもよかったので、メガネを使う経験は一度もありませんでした。

しかし、40代後半から50代になってから本の文字を読むのが困難になり、子供に頼んで細かい文字を読んでもらうこともたびたびありました。50歳になってはじめてメガネを購入することになったのですが、そのときに言われたのが老眼であるという事です。

今まで視力にはとても自信があったのでかなりショックを受けました。体の老化は色々なところに現れてしまうのです。仕方のないことですが、老眼鏡を購入して使っていました。でもそれまでメガネを使う生活をしたことが無かった為に、いつもメガネの生活にとても違和感を感じ、頭痛が起きることもよくありました。

なんとか視力を回復したくて、自己流でトレーニングをしたこともあります。でもどんどん視力は悪くなる一方で、始めは細かい文字を読むときだけ使っていたメガネも、今では一日中使っている状態です。近視の人がレーシックの手術を受けて視力回復する話は聞いたことがありますが、老眼は加齢の為に諦めざるを得ないと思っていました。

仮に手術が出来たとしても、高齢になると体への負担も心配になりますよね。メガネを一生使う覚悟は出来てしましたが、そんな矢先に友達が老眼の手術を受けた話を教えてくれたのです。

リーディングアイについて

リーディングアイというのは、新技術で老眼を治す方法です。友達からどんな手術内容だったか細かく教えてもらい、少し興味をもちました。老眼の治療なんて多分入院をしないといけないと思っていましたが、このリーディングアイの手術はたったの数分で終わるそうです。

近視の治療で行うレーシックに老眼の治療を加えたものなので、手術自体はそれほど複雑ではないようです。手術を受けた知人は、トレーニングをしながら老眼をすっかり克服したそうです。諦めていた視力回復は思ったより簡単にできるのです。

60歳になり、これからも旅行や趣味の時間などもさらに楽しみたいので、視力回復はかなりメリットがありそうです。細かい文字が眼鏡なしでは読めない生活は、正直とても煩わしいですよね。料理を作る時も、作り方が読めなくて失敗してしまった経験もあります。

まだまだ人生を楽しむつもりなので、リーディングアイの手術を受けてみたいと思い始めました。大好きな読書も、楽にできるようになると想像しただけでちょっとワクワクします。

品川近視クリニックでカウンセリング

リーディングアイの手術を行ってるクリニックは実にたくさんあるようです。でも知人が手術を受けた品川近視クリニックは、とても信頼ができると聞きましたし、手術の内容やクリニックの様子などもあらかじめ聞いていたので、私も同じところでお世話になることにしました。

まず無料のカウンセリングに行きました。適応検査があるので手術が可能かどうか調べてもらえます。私はおかげで白内障や緑内障になったことがないので、手術は問題なくできるとの事です。クリニックはとても清潔感があり、スタッフの方は不安な私の細かい質問にもとても丁寧に分かりやすく説明をしてくれました。

特に心配だった手術中の痛みや、術後の症状なども詳しく説明をしてくれて、とても安心できました。後から知ったのですが、品川近視クリニックは、世界でも最高水準のレーシック手術で有名だそうですね。症例数もとても多くて信頼できるクリニックなのです。

手術前の不安をほとんど取り除く事が出来て、当日も安心して手術を受けることが出来ました。担当の先生も経験豊富な方なので完全に信頼してお任せできました。手術中の気になる痛みはそれほどなく、あっという間の手術であっけない感じすらありました。

視力の回復

手術直後は、まだぼやけた感じが1週間ほど続いてしましたが、今ではすっかり老眼も改善されて眼鏡なしで読書をする事ができるようになりました。眼鏡の調整や頭が痛くなることからもやっと開放されました。たまに夜間に光がまぶしく感じる事はありますが、手術を受けたことによるデメリットは何一つありません

こんなことならもっと早くに手術を受けておけばよかった思います。手元の文字がぼやけてしまう生活に慣れていましたが、今では生活の支障になることはまったくなくなりました。眼鏡を使わないということがどれほど楽か、老眼で困っている友人に教えてあげたいです。

品川近視クリニックはとてもスタッフの方が丁寧で、手術後のケアの仕方も分かりやすく説明をしてくれました。回復もとても早く、あんな短時間の手術でこれほどの効果があるなんていまだに信じられない気持で一杯です。

60歳になって体もどんどん衰えてしまうので、気分的に塞ぎこんでいることもよくありました。今では老眼を治したおかげで気分的にも若がえったような気がします。まだまだこれからも元気でがんばる為に、スポーツや旅行なども積極的に楽しみたいと思います。手術を受けて本当に良かったと思っています。

私の品川近視クリニック 手術 体験

私が品川近視クリニックでレーシック手術を受けたのは
2012年の9月ごろです。

会社で品川近視でレーシックをした! という人が2人いたので、
話を聞いたところ

値段も思ったより安いし、痛く無いし、今の時点で副作用も無いから
コンタクトしているなら、

絶対のおすすめ と言われたので、予約をとって行きました。

予約と診察

品川近視クリニックの有楽町場所

駅前の大きいビルです

場所は有楽町駅の目の前のビルで、一番人通りも多いところです。
迷うことはありません。

品川近視クリニックの階に到着すると受付があるので、予約していることを
伝えると待合室で待つ事になります。

私は土曜日に予約をしたので人は多い方だとは思いますが、
それでも、予約の時間より遅くなることはありませんでした。

多くの人が来院する・検査することにとても慣れているんだと思います。
待合室の広さもそうですが、

検査を行う部屋とその部屋にある椅子の数の多いこと。。。。

品川近視クリニック診察

写真とれなかったのでHPより引用

これだけの数があり、診察をするスタッフの数も多かったので待たされることは
ありませんでした。

ここで、視力検査や眼圧検査を行った後に、その結果をもとに医師の診察が
あります。

診察では、自分の角膜の状態や厚さ、レーシック手術が出来るかどうかなどの
説明があります。

私の場合、目に何も問題は無かったので、手術は可能でしたが、人によっては
角膜が薄すぎて、手術出来ない人もいるそうです。

手術に関する質問も出来るので、ここで不安なことや分からない点は色々聞いた
方が良いと思います。

049692

私の場合、手術後に激しい運動をする可能性があったので、どの手術方法が
良いか相談しましたが、

目に直接の負担が無ければ標準の手術で大丈夫と言われました。

あと、少しうる覚えなのですが、ここで手術しますか?と聞かれた気がします。

私の場合、意志は決まっており、早くやりたかったので、手術日もここで
ここで決めました。

診断をする先生も沢山いますが、私を診察しれた先生は親切で、手術を積極的に
すすめる感じでもなく、

高い手術をすすめる訳でもなかったので、

ここで不安を感じて、 レーシック手術を止めようと思って断っても強引に
説得されることは無いと思います。

結局、先生であって営業の人と違うし、そもそも品川近視クリニックほど
大きいクリニックだと、

別に1人の手術を強引に奨めなくとも、売上とか余り気にしないんだと思います。

手術方法の選択

お医者さんの診察が終わると、どの手術方法にするかを、別室で行うのですが、
何故だか、これは他の患者さんと複数人(4~5人)で行います。

そして、順番に、”○○様はどの手術コースにしますか?” と聞かれます。

私が手術した2012年当時でも大まかに3つの手術コースがあり、
値段もそれぞれで異なっていました。

殆どの人が真ん中の値段のコースを選んでましたが、一人だけ一番安いコースを
選んだ人がいました。

これは品川近視クリニックの手段で、この様に複数で回答させると
1人だけ安いコースを選ぶのって抵抗があるので、
皆がそれなりに良い値段のコースを受ける事になるっていう

戦略なんだと思います。

でも、ここでも一番安いコースを選んでも、何ら問題もなく、また、
説得させられる訳でもないので、

事前に調べたり、先生に聞いて納得したコースを選べば良いと思います。
2012年に値段が真ん中だったコースは、今ならば、一番安いコースかも
しれませんね。

レーシック手術までに大変なこと 品川近視クリニックの場合

私は品川クリニックでしか手術をしていないので分かりませんが、
恐らくどこで受けても同じだと思いますが、

レーシック手術を受けるまでに大変というか面倒なことは1つあります。

それは、コンタクトを使ってはいけないことです。

手術までに目に負担を掛けない様にするためで、普段コンタクトを使っている人
はメガネにしなければいけません。

大変なわけでは無いのですが、会社に行くと色々な人が、

”どうして、今日はメガネなの? メガネにすると印象変わるね~”

などの質問が私にとっては面倒でした(汗)

いよいよ手術 怖さと痛さ、そして結果は!!!

手術と聞くと、とても重苦しい大変なものだと思いますが、

私が品川近視クリニックでレーシック手術して感じたことは、余りに
機械的に進んでいく、良く言えば、システム化されているので、

何だか、集団で献血でもするかの様でした。

私の手術日は診察の時と同じく、土曜日だったので、恐らく多くの人が
手術を受けたと思います。

ロッカーで手術を受けるための病衣服の様な物に着替えて、同じく同時に
手術を受ける人 5人ほどで、手術室がある、上のフロアーに移動しました。

品川近視クリニック手術の服

この5人のグループは、私の前後にもいたので、時間帯によって、分けられて
いると思います。

この移動の時ですが、手術の為にメガネをはずすので、動くのが怖かったです。
メガネやコンタクトを外して移動することなんて

殆ど無いですからね。

手術の方法と痛み

手術ですが、私が受けた時とその後に友人が受けた時で少し変わっていました。

私の場合、フラップを作って矯正する作業とその後にフラップを戻す作業は
別々に、部屋も移動して行いました。

なので、このフラップを作った後に、他の部屋に移動し待っている間がとても
不安でした。

フラップが戻っていないので、目が変な感じですし、殆ど見えなかったからです。
0.08の私がもっと見えないと思ったぐらいなので、よっぽどです。

この待っている間が不安だったのが印象的でしたが、その後に品川近視クリニックで
同じくレーシック手術をした友人の体験談を聞いたところ
部屋を移動することはなく、

同じ部屋で全て行ったということでした。

もしかしたら、私の様に不安に思った人がクリニックに話をして、システムが
変わったのかもしれませんね。

手術の痛みですが、まず、目に麻酔の点眼薬をするので、レーザーの痛みというのは
ありません。

その痛みより、手術中に目を閉じない様に、道具を目に押し当てるのですが、117023

これが少し痛かったぐらいです。
目を押し付けられる感じの痛さです。

あと、レーザーで処理されている時は痛みというよりは、目が染みるという
感じの方でした。

 

 

手術は合計で15分ほどで終わりますが、実施の作業時間自体は5分ほどだったと
思います。

とにかく余りに早くて驚きましたし、手術という感じではありません。

手術後、フラップを安定させるために、椅子が置いてある薄暗い部屋で
20分ほど休憩します。

別に長くいても良いみたいですが、殆どの人が20分ほどで帰ります。

手術後 視力の回復と痛み

手術が終わった後は、すぐにハッキリ見えるわけではありませんが、明らかに
視力が回復したことが分かります。

あと、休憩室から下のロッカーに戻る時に外の景色が見えるのですが、
その光がまぶしくて、目を開けていられませんでした。

目のゴロゴロ(違和感)は事前に説明があったので、気にせずに、
痛み止めの点眼薬と、

目をカバーするメガネをもらい帰宅しました

meagne

手術後、数日間はこのゴッツイメガネをすることになります。
ちょっと恥ずかしかったです。

あと、私の場合、手術の時の痛みより、帰宅途中ぐらいから麻酔が切れ始めたので
その時から、

目の染みが痛かったです。

痛いというより、” うわ~ しみる ~ !!” という感じです。

涙も沢山でました。

もらった目薬をすると痛みはなくなりますが、しばらくするとまた痛くなります。

あまり何度もやってはいけないだろうな~ と思い

ぎりぎりまで 我慢していたので、目薬をする直前が一番痛かった(染みた)
です。

でも、痛みは次の日にはなくなりました。